WSL2をWindows 11 Proに入れる方法

How to
この記事は約3分で読めます。
当サイトには、広告及びアフィリエイトリンクが含まれ、それによって収益を得ています。記事の内容やリンクには、プロモーションが含まれる場合があります。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Windows 11 ProにWindows Subsystem for Linux 2を入れる方法(メモ)

Microsoft公式(これ見たら終わりでは?w)WSL のインストール | Microsoft Learn

以前のバージョンの WSL の手動インストール手順 | Microsoft Learn

CUIなら管理者権限でWindows PowerShellを起動してwsl --installで終わり(参考

WSL2をWindows 11 Proに入れる方法(GUI)
  • Step.1
    コントロールパネルを開く

    Windowsの検索に「コントロールパネル」とかを入れて検索し、コントロールパネルを開く

  • Step.2
    Windowsの機能の有効化または無効化を開く

    コントロールパネル内の「プログラム」→「Windowsの機能の有効化または無効化」の順にクリックして、Windowsの機能の有効化または無効化を開く

  • Step.3
    Linux用Windowsサブシステムと仮想マシンプラットフォームにチェック

    Windowsの機能の有効化または無効化を開き、その中にある「Linux 用 Windows サブシステム」と、「仮想マシン プラットフォーム」にチェックを入れ、OKをクリックする。再起動を求められるのでWindowsを再起動する。もしかしたらHyper-Vも有効化する必要があるかもしれない(未確認)

  • Step.4
    Windows PowerShellを開く

    Windowsの検索でShellとか打ってPowerShellを開く。とりあえず管理者権限で。

  • Step.5
    wsl –set-default-version 2

    PowerShellでwsl --set-default-version 2と打って実行する。「この操作を正しく終了しました」って出ればOKなはず。WSL2をWSLの規定のバージョンに設定するコマンド。

  • Step.6
    好きなLinuxディストリビューションを入れる

    (どこがGUIやねんって怒られそう)

    wsl.exe install -d <Distribution Name>で好きなLinuxディストリビューションを入れる(<Distribution Name>は入れるディストリビューションの名前)。Ubuntuならwsl.exe install -d Ubuntu

    Microsoft Storeで検索すれば、GUIからでもインストールできるはず…

簡単なのでWSL のインストール | Microsoft Learnを参考にPowerShellでwsl --installしてwsl --set-default-version 2したほうが早いし楽

病気療養中のガジェットオタクです。PC、スマホからオーディオ、家電まで、デジモノ・IT系中心に自分の興味のあるものならなんでも記事にします。誤字脱字など、ミスの報告歓迎です。
お問い合わせは、当ブログのお問い合わせフォームにお願いします。レビュー依頼など、各種ご依頼承っています。

でじぃをフォローする↓
How toサーバー
スポンサーリンク
シェアしませんか?
でじぃをフォローする↓
Digital’ It!
タイトルとURLをコピーしました